VWの歴史

ヨーロッパではルノーやベンツ、BMWなどと肩を並べるほどの大企業であるのがフォルクスワーゲンですが、このフォルクスワーゲンはもともとあのナチスド イツが設立した会社であり、このナチスドイツが生産していたのがあの有名なビートルであるのです。

 

そんなナチスドイツの手によって開発されたビートルは、 第二次世界大戦終了後にイギリス人の手によって再度生産が開始され、一躍有名な自動車として売り出される結果になりました。そこからヨーロッパにおける自 動車メーカーとしての信頼や業績をしっかりとして確立して行ったのです。

 

それから先はコンパクトカーの世界における生産台数が現在では2500万台以上と されるゴルフ、ラリーで活躍したポロ、ビートルのモデルチェンジ版ともいえるニュービートルなどを開発し、今は世界19カ国で44ヶ所の生産工場を稼動さ せるほどの大企業になりました。

 

日本でも輸入開始当初から右ハンドルを設定したり、ゴルフのヒットによって知名度が高いメーカーです。さらには「フォルク スワーゲン・グループ」としてアウディやランボルギーニのグループを擁するなど、ドイツ国内最大、ヨーロッパでも大手の自動車メーカーとして歴史を作って きました。

 

大宮で脱毛するならミュゼ大宮
 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。