世界とのかかわり

フォルクスワーゲンはドイツ国内だけではなく、ビートルの登場からその後の発展を経て世界中で注目される自動車メーカーになっていました。そのビートルを はじめとしてゴルフやニュービートルなどさまざまな大ヒット車種を生み出してきましたが、それがまず世界とのかかわりであるとも言って良いでしょう。

 

事実 ビートルやゴルフなどは世界中で大ヒットを記録しており、フォルクスワーゲンの名前を上げることに成功した車種なのです。そして現在では多くの自動車メー カーを自社の傘下に持つ大企業へと成長しました。日本とのかかわりも古く、1953年の輸入開始当時から右ハンドルの仕様を導入するようなスタイルを見せ ており、ここからすでに輸入車としてのトップの地位を確立して行ったとも言えます。

 

かつてはヤナセが販売していたり日産との提携をしていたりと言うことを していましたが、現在ではトヨタ自動車がフォルクスワーゲンと提携をしています。そんな日本だけではなくその他にも中国やアメリカ、それからブラジルへの 展開などその勢力はとどまることを知らず、ヨーロッパ圏だけではなく世界中で有名な自動車メーカーであることが、これらの世界への事業展開から容易に考え られるのです。

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。