ナチスとのかかわり

ドイツの黒歴史とも言われるほどのナチス。党員は黒い軍服に身を包み、今でもなおヒトラーの演説や党歌が語り継がれているなどその影響力は計り知れないも のでした。一般的にはナチスによるアウシュビッツ収容所での出来事などで悪とされているナチスですが、実はこのナチスが無ければヨーロッパの現在の自動車 は無かったとまで言われているほど自動車業界には「善」の影響をもたらした組織でありました。

 

そのトップであるヒトラーとどういう繋がりがフォルクスワー ゲンにあるのかと言えば、あの有名すぎる自動車である「ビートル」とこのフォルクスワーゲンがこのヒトラーの手によって生み出された車と会社であるからで す。当初はこのビートルタイプ1を「フォルクスワーゲン(国民車)」と名づけたヒトラーでしたが、その後に「KdFワーゲン(歓喜力行団の車)」と名づけ られ、ナチスのもとの国民車とされました。

 

1937年にフォルクスワーゲン準備会社が設立されて生産が始まり、1938年にはフォルクスワーゲン製造会社 に名前変更され、その後にはフォルクスワーゲンを製造するための街まで建設されるなど、こう言った背景からフォルクスワーゲンとナチスは切っても切れない 関係にあるのです。

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。