エコカー補助金制度

今日本のクルマ業界で話題になっているのが「エコカー補助金制度」ですが、このエコカー補助金制度は日本国内で生産されているクルマだけでは無く、海外からの輸入車にも適用されることになります。そのひとつの例が、ドイツのメーカーであるフォルクスワーゲンから発売されている、ミニバンボディのクルマとなっている「フォルクスワーゲン シャラン」の2代目モデルになります。

 

初代フォルクスワーゲン シャランにおいてはまだエコカー補助金制度の「エ」の字も無かった時代であり、こうした補助金制度も時代の流れによって生み出された制作であると言うことが感じ取れるものになります。2代目のフォルクスワーゲン シャランではガソリンエンジンのミニバンと言うことで自動車重量税、それから自動車取得税が免税されることになり、このエコカー補助金制度のおかげもあって11年前まで発売されていた初代モデルと比較して、この2代目のフォルクスワーゲン シャランのほうが売れ行きが良いと言うエピソードになりました。

 

このように制作を有効に利用した販売戦略、そして販売開始時期の運が重なって、フォルクスワーゲン シャランは売り上げを初代より伸ばすことに成功したのです。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。