ビートル

フォルクスワーゲンの話をする上では絶対に外せないのがこのビートルでしょう。ビートルは世界的にも有名で「カブトムシ」の愛称で知られている車ですが、 そのスタイリングや日本の某国民的アニメにも登場するなど、「ワーゲン」の名前でも知られるほどフォルクスワーゲンの歴史を語る上で重要な車の名前です。
 

ビートルはもともとはヒトラーの遺産であった「タイプ1」からはじまりました。このタイプ1をベースとしてあの古い時代の自動車の中に、ビートルが登場し たのです。このビートルは戦後のフォルクスワーゲンの復興に大きく貢献し、その成功の大きさは「あまりにも大きすぎる成功であった」とも言われるほどの大 ヒットになりました。ただ単にヒットしたわけではなく、その背景にはまず耐久性の高さがヒットの要因になります。

 

次に「安い車」と言う経済性の観点から見 ても売れることにつながっていきました。そして何よりも購入したらそれっきりではなく、きちんとしたアフターサービスがあったからこそその信頼性にいっそ うの拍車がかかり、その結果として「あまりにも大きすぎる成功」になったのです。現在ではスタイリングこそ現代風になりましたが、その人気は衰えずに今で も続いています。

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。