世界とのかかわり

フォルクスワーゲンはドイツ国内だけではなく、ビートルの登場からその後の発展を経て世界中で注目される自動車メーカーになっていました。そのビートルを はじめとしてゴルフやニュービートルなどさまざまな大ヒット車種を生み出してきましたが、それがまず世界とのかかわりであるとも言って良いでしょう。

 

事実 ビートルやゴルフなどは世界中で大ヒットを記録しており、フォルクスワーゲンの名前を上げることに成功した車種なのです。そして現在では多くの自動車メー カーを自社の傘下に持つ大企業へと成長しました。日本とのかかわりも古く、1953年の輸入開始当時から右ハンドルの仕様を導入するようなスタイルを見せ ており、ここからすでに輸入車としてのトップの地位を確立して行ったとも言えます。

 

かつてはヤナセが販売していたり日産との提携をしていたりと言うことを していましたが、現在ではトヨタ自動車がフォルクスワーゲンと提携をしています。そんな日本だけではなくその他にも中国やアメリカ、それからブラジルへの 展開などその勢力はとどまることを知らず、ヨーロッパ圏だけではなく世界中で有名な自動車メーカーであることが、これらの世界への事業展開から容易に考え られるのです。

 

 

 

グループ会社

フォルクスワーゲンは世界中にその自動車生産工場を展開しており、19の国で44箇所の工場を運営しています。それだけではなく傘下にはなんと8つの自動 車ブランドを保有しており、多国籍企業として世界でも有名になっている自動車メーカーであります。

 

この傘下の自動車ブランドや世界中に展開している工場を すべてひっくるめて「フォルクスワーゲン・グループ」と称されるこの大企業は、自動車の部門のほかに金融のサービス部門も扱っており、自動車は言わずもが なで自動車の生産や開発、研究を行なっています。ですが金融部門はどのようなことを行っているのかと言うと、自動車のレンタル業務であったり銀行の業務、 保険、リースなどの金融にかかわることを業務として行なっています。

 

自動車の傘下ブランドに関してはさらに3つのブランドに分かれており、フォルクスワー ゲン部門とアウディ部門、そして商用車部門で区別がされ、フォルクスワーゲンでは自社のフォルクスワーゲン、それからプガッティ、ベントレー、シュコダが 入っています。アウディ部門ではアウディのほかにセアトとスーパーカーで有名なランボルギーニがあり、この7つと商用車部門で計8つのグループ会社なので す。

 

 

 

戦後のVW

第二次世界大戦が終わり、大きな打撃を受けた国は数知れません。ドイツは降伏した国であり、連合軍によって支配されることになりました。もともとはヒト ラーを始めとしたナチスが建設した自動車工場である「KdF工場」は撤去される予定でしたが、この工場が重要だと思ったイギリス軍の手によって最終的にそ の工場は存続されることになり、イギリス軍に管理されることになりました。
 

このイギリス軍の中でアイヴァン・ハーストと呼ばれる少佐が居ましたが、このア イヴァンは自動車の将来性、それからドイツ人労働者に価値を見出し、自分がそのリーダーとなって工場を再建させ、そこからあの世界的に有名になったフォル クスワーゲンのタイプ1、通称「ビートル」を生産させるまでにいたったのです。それからアイヴァンは品質の管理やサービスまで手を出し、フォルクスワーゲ ンの地盤を築きました。

 

ですがこのフォルクスワーゲンは保守的なイギリスやアメリカのエンジニアたちには理解されず、その結果それらの国に技術や知識を吸 収されずに、フォルクスワーゲンはドイツでこの先の時代でどんどん発展して行き、現在ではヨーロッパでも大手の自動車メーカーとして君臨する結果になるの です。

 

 

 

ナチスとのかかわり

ドイツの黒歴史とも言われるほどのナチス。党員は黒い軍服に身を包み、今でもなおヒトラーの演説や党歌が語り継がれているなどその影響力は計り知れないも のでした。一般的にはナチスによるアウシュビッツ収容所での出来事などで悪とされているナチスですが、実はこのナチスが無ければヨーロッパの現在の自動車 は無かったとまで言われているほど自動車業界には「善」の影響をもたらした組織でありました。

 

そのトップであるヒトラーとどういう繋がりがフォルクスワー ゲンにあるのかと言えば、あの有名すぎる自動車である「ビートル」とこのフォルクスワーゲンがこのヒトラーの手によって生み出された車と会社であるからで す。当初はこのビートルタイプ1を「フォルクスワーゲン(国民車)」と名づけたヒトラーでしたが、その後に「KdFワーゲン(歓喜力行団の車)」と名づけ られ、ナチスのもとの国民車とされました。

 

1937年にフォルクスワーゲン準備会社が設立されて生産が始まり、1938年にはフォルクスワーゲン製造会社 に名前変更され、その後にはフォルクスワーゲンを製造するための街まで建設されるなど、こう言った背景からフォルクスワーゲンとナチスは切っても切れない 関係にあるのです。

 

 

 

VWの歴史

ヨーロッパではルノーやベンツ、BMWなどと肩を並べるほどの大企業であるのがフォルクスワーゲンですが、このフォルクスワーゲンはもともとあのナチスド イツが設立した会社であり、このナチスドイツが生産していたのがあの有名なビートルであるのです。

 

そんなナチスドイツの手によって開発されたビートルは、 第二次世界大戦終了後にイギリス人の手によって再度生産が開始され、一躍有名な自動車として売り出される結果になりました。そこからヨーロッパにおける自 動車メーカーとしての信頼や業績をしっかりとして確立して行ったのです。

 

それから先はコンパクトカーの世界における生産台数が現在では2500万台以上と されるゴルフ、ラリーで活躍したポロ、ビートルのモデルチェンジ版ともいえるニュービートルなどを開発し、今は世界19カ国で44ヶ所の生産工場を稼動さ せるほどの大企業になりました。

 

日本でも輸入開始当初から右ハンドルを設定したり、ゴルフのヒットによって知名度が高いメーカーです。さらには「フォルク スワーゲン・グループ」としてアウディやランボルギーニのグループを擁するなど、ドイツ国内最大、ヨーロッパでも大手の自動車メーカーとして歴史を作って きました。

 

大宮で脱毛するならミュゼ大宮