エコカー補助金制度

今日本のクルマ業界で話題になっているのが「エコカー補助金制度」ですが、このエコカー補助金制度は日本国内で生産されているクルマだけでは無く、海外からの輸入車にも適用されることになります。そのひとつの例が、ドイツのメーカーであるフォルクスワーゲンから発売されている、ミニバンボディのクルマとなっている「フォルクスワーゲン シャラン」の2代目モデルになります。

 

初代フォルクスワーゲン シャランにおいてはまだエコカー補助金制度の「エ」の字も無かった時代であり、こうした補助金制度も時代の流れによって生み出された制作であると言うことが感じ取れるものになります。2代目のフォルクスワーゲン シャランではガソリンエンジンのミニバンと言うことで自動車重量税、それから自動車取得税が免税されることになり、このエコカー補助金制度のおかげもあって11年前まで発売されていた初代モデルと比較して、この2代目のフォルクスワーゲン シャランのほうが売れ行きが良いと言うエピソードになりました。

 

このように制作を有効に利用した販売戦略、そして販売開始時期の運が重なって、フォルクスワーゲン シャランは売り上げを初代より伸ばすことに成功したのです。

 

 

 

 

 

Park Assistシステム

クルマのテクノロジーは日々進化の一途をたどっていますが、そのテクノロジーには苦手としている人が多い「駐車」に関してのアシストをおこなうシステムも存在しています。たとえばバックギアに入れたときにモニターに後ろの状況を映し出してくれるものもそうですし、今では駐車したい場所を指定するだけで自動的にハンドル操作やブレーキ、アクセルコントロールをしてくれる画期的なシステムもあります。

 

その夢のようなシステム搭載されているクルマのひとつが、フォルクスワーゲンから発売されているミニバンの「フォルクスワーゲン シャラン」となっています。このフォルクスワーゲン シャランの2代目日本仕様のモデルに搭載されているのが「Park Assistシステム」ですが、このPark Assistシステムは駐車が出来るスペースを自動で検知してくれる上に、その駐車スペースにハンドルやブレーキをコントロールして自動で駐車してくれる、まさに画期的なシステムとなっています。

 

さらに車庫入れだけでは無く縦列駐車のときにもコントロールしてくれますし、出ることが難しいその縦列駐車からの脱出も全自動でおこなってくれるハイパフォーマンスなシステムです。

 

 

 

 

2代目

横浜のミュゼプラチナム店舗情報

長いときを経て復活すると言うことは、人々にそれだけ「久しぶりである」と言うイメージを植え付けることになるわけです。このイメージはクルマでもされることがあり、そのひとつの例として久しぶりに発売されたクルマであるのが、ドイツの有名クルマメーカーのフォルクスワーゲンから発売されていた2代目「フォルクスワーゲン シャラン」になります。

 

初代フォルクスワーゲン シャランが1997年から日本での販売をスタートしたのですが、そのわずか2年後の1999年の年末を持って初代モデルの日本における販売が終了することになり、その後はぷっつりと音沙汰が無い状況になっていました。しかしそれからおよそ11年と言う長い長い期間を経て、日本に2代目フォルクスワーゲン シャランがやってきたのです。

 

じつはフォルクスワーゲン シャランはヨーロッパにおいては少しずつ仕様変更を繰り返して販売がつづけられていたクルマであり、2代目フォルクスワーゲン シャランは今、フォルクスワーゲンの日本支店において新車で買うことができるクルマになっています。その中身は初代とは比べものにならないほど、ハイスペックなテクノロジーが満載のミニバンになっているのです。

 

 
脱毛するならミュゼ立川
 

 

初代フォルクスワーゲン シャラン

フォルクスワーゲンのミニバンモデルは日本ではめずらしい部類に入るクルマですが、そのクルマのひとつが1997年に日本で発売された初代「フォルクスワーゲン シャラン」でした。この初代フォルクスワーゲン シャランは当時としても今としてもあまり例を見ないめずらしいフォルクスワーゲンのミニバンであり、もともとはヨーロッパでフォード・モーターとフォルクスワーゲンが共同で開発したクルマでした。

 

初代フォルクスワーゲン シャランは1999年まで日本で発売されましたが、日本で発売されていたミニバンよりも当時としては丸っこいデザインがイメージにのこりやすいものとなっており、初代フォルクスワーゲン シャランはそういった形のクルマとして日本で発売がスタートしたのです。日本で発売されるに当たってまず真っ先にしたことは右ハンドルへの仕様変更であり、左ハンドルで日本では運転しにくい外車のウィークポイントを消すことに成功しました。

 

それまでは「ヴァナゴン」と言うクルマが日本で発売されており、それに代わって登場したクルマがこの初代フォルクスワーゲン シャランでしたが、初代モデルの販売期間はわずか2年間だけと言う寂しいものでした。

 

 

 

 

フォルクスワーゲン シャラン

a1180_005659
 

ミニバンと言えば日本でも人気のあるクルマのジャンルになりますが、海外のクルマメーカーにおいてもいろいろなメーカーがミニバンを製造しています。アメリカよりも主にヨーロッパのメーカーがそうしたミニバンを販売して一部を日本にも輸入していますが、その一部の例のひとつが、かつてナチスドイツの企業として活動していたことでも知られているフォルクスワーゲンの販売している「フォルクスワーゲン シャラン」なのです。
 

このフォルクスワーゲン シャランは日本で発売されている海外のミニバンですが、初代モデルが1997年から1999年まで発売され、それから11年と言う長い年月を開けて2代目フォルクスワーゲン シャランとして舞い戻ってきました。そんなフォルクスワーゲン シャランはもともとはフォルクスワーゲンのほかにフォード・モーターがかかわっているクルマであり、ヨーロッパのMPV市場に参入するためにこのふたつのメーカーが共同で開発することになったと言うエピソードがあります。現地では細かい仕様変更が幾度も繰り返されて販売されていましたが、ふたたび日本においても販売されることになり、日本の新車ディーラーで買うことが出来ます。

 

 

 

 

 

ポロ

フォルクスワーゲンのコンパクトカーと言えばゴルフが有名ですが、そのゴルフともうひとつコンパクトカー事業の販売車種になっており、日本での販売に対し て中核を担っている車がポロです。ポロは現在、日本での年間の販売台数がなんと「常に」1万台を超えており、日本市場における外車の中でも高い人気を誇っ ているモデルです。

 

もともとはアウディをベースとした車であり、あのビートルの後継車として開発されました。日本で見かけるのはハッチバックのコンパクト モデルが一般的ですが、南アフリカやロシアなどではセダンタイプが発売されています。他には「ルポ」と呼ばれるポロよりもコンパクトな車が存在していまし たが、2009年にそのルポが発売を終了したことにより日本でのフォルクスワーゲンのラインナップではもっとも小さい車として売り出されています。

 

さらに はゴルフと同じく「GTI」と呼ばれるホットバージョンも売り出されており、普通のグレードよりも走りに向いているグレードであり、日本ではジムカーナや ミニサーキットなどでその姿を見ることが出来ます。またラリーにも参加して優勝を飾ったこともあり、その潜在能力の高さがうかがえるコンパクトカーなので す。

 

 

 
ミュゼ八王子|知らなきゃ損!WEBでお得に!
 

 

 

 

 

ゴルフ

フォルクスワーゲンと言えばビートルばかりが注目されがちですが、自動車メーカーが後輪駆動(FR)から徐々に前輪駆動(FF)へとその製造スタイル、開 発スタイルを変化させていくのにしたがって、フォルクスワーゲンも同じようにFF車にシフトしていくようになりました。ですがビートルの「あまりにも大き すぎる成功」が皮肉にもわざわいし、「フォルクスワーゲンと言えばビートルである」と言うような図式が成り立ってしまったのも事実です。

 

そんな図式をくつ がえすべく開発されたのが「ゴルフ」でした。このゴルフは1970年代の自動車産業の中においてその機能性が大きな注目を集め、これもまた世界的なヒット を飛ばしました。その後もこのゴルフをはじめとした小型車を世の中に送り出すことに成功したゴルフは、ヨーロッパを代表する大衆車のメーカーとしても名前 を上げることに成功したのです。

 

現在の世界の販売台数でもトヨタのカローラに続く第2位の成績を誇っており、道が狭いと言われる日本でもそのコンパクトボ ディゆえの取り回しのよさや室内空間の広さが高く評価され、これまでに60万台が日本へと輸入されました。そして世界では2007年3月に2500万台の 累計生産台数を達成しています。

 

 

 

ビートル

フォルクスワーゲンの話をする上では絶対に外せないのがこのビートルでしょう。ビートルは世界的にも有名で「カブトムシ」の愛称で知られている車ですが、 そのスタイリングや日本の某国民的アニメにも登場するなど、「ワーゲン」の名前でも知られるほどフォルクスワーゲンの歴史を語る上で重要な車の名前です。
 

ビートルはもともとはヒトラーの遺産であった「タイプ1」からはじまりました。このタイプ1をベースとしてあの古い時代の自動車の中に、ビートルが登場し たのです。このビートルは戦後のフォルクスワーゲンの復興に大きく貢献し、その成功の大きさは「あまりにも大きすぎる成功であった」とも言われるほどの大 ヒットになりました。ただ単にヒットしたわけではなく、その背景にはまず耐久性の高さがヒットの要因になります。

 

次に「安い車」と言う経済性の観点から見 ても売れることにつながっていきました。そして何よりも購入したらそれっきりではなく、きちんとしたアフターサービスがあったからこそその信頼性にいっそ うの拍車がかかり、その結果として「あまりにも大きすぎる成功」になったのです。現在ではスタイリングこそ現代風になりましたが、その人気は衰えずに今で も続いています。

 

 

 

VWの代表的な車

a1180_000122

 

フォルクスワーゲンと言えばヨーロッパの中でも大手の自動車メーカーとしてその地位を確立したメーカーでありますが、その自動車メーカーが代表する車とい えばやはりカブトムシの名前で知られる「ビートル」がまず最初に来ると思います。このビートルはその大ヒットぶりから「あまりにも大きすぎる成功」である ともされ、自動車業界に一世風靡を巻き起こしました。

 

それから現在でもそのビートルはスタイリングこそ少し変わったものの、おもかげが十分残った丸っこい デザインで今でも人気を博しています。それからビートルのほかにも忘れてはならない車が「ゴルフ」です。ゴルフは道が狭いとよく言われる日本においてもそ のコンパクトなデザインと取り回しの良さで人気を博し、全世界においては今までの累計で2500万台以上の生産台数を誇るなど、その人気の高さはコンパク トカーとしては驚異的であります。

 

またこの日本で売れているゴルフのほかにも日本国内で年間売り上げ台数は常に1万台と言われる「ポロ」も忘れてはいけま せん。ゴルフと同じくコンパクトな車であり、世界での活躍はラリーにおいて優勝という形で評価されるなど、ただのコンパクトカーでは無いことを証明した自 動車でもあります。